こどものための認定こども園・幼稚園・保育園

DESIGN

「光」と「木」が安らぎをもたらす心地よい空間

2017年3月竣工の、群馬県太田市にある“幼保連携型認定こども園 韮川こども園”。今回は園舎設計のコンセプトの一部をご紹介します。

「静かに落ち着いて過ごす時間」と「活動する時間」

園長先生の「第二のおうちをつくりたい」という思いを形にすべく、園舎づくりがスタートしました。そこで保育室は、天井高を抑えた住宅スケールの空間と、開放的な吹き抜け空間とを設け、こどもたちが「静かに落ち着いて過ごす時間」と「活動する時間」とで、メリハリをもって過ごせるように工夫しています。天井の高い部分には、上部に開口部を設け、外光がさんさんと降り注ぐ、明るい空間に設計しました。

安らぎをもたらす「木」と「光」

構造は木造とし、木質素材の柱や梁を積極的に現し、床の仕上げや家具、建具などにも多用。園舎内の各所から取り込んだ光が、「木」とあいまって保育空間をやさしく包み込み安らぎをもたらすとともに、健やかな感性を育んでくれます。露出する天井の梁材は、準不燃処理された木材を使用し、在来工法と金物工法を併用して設計しました。ですので木造でも、耐震性や耐火性にすぐれたつくりです。
設計士:板澤 均

関連記事

PAGE TOP

見学会「CHAIN」を実施しています

地域や取り巻く環境が異なる園さんの中でも、人気のある園さんや、職員さんの定着が良い園さんは、足を踏み入れたときから、どこか気持ちの良い雰囲気を感じるものです。
時設計では、見学会を企画し実施しています。
詳しくはこちら